タイヤの交換時期が迫っているなら持ち込みがお得で便利!

タイヤ交換

持ち込みは工賃が高くなる?

タイヤを安く手に入れたのは良いものの、工賃で思いの外出費があったなんてことにならないよう穴場であるガソリンスタンドで交換する事を検討しましょう。高そうに見えてリーズナブルな工賃なので気軽に持ち込めます。

アフターサービスで点検

ホイールナットの締め直し

タイヤ交換の際には、ホイールナットを外して行いますが初期走行の時点で極まれに緩むことがあります。このまま走行するとタイヤが脱落するおそれがあるため、持ち込み交換をする時に劣化しているかどうかチェックをしてもらいましょう。

ローテーションができる

タイヤを入れ替えると長持ちさせることができるので経済的にとてもいいですが、劣化具合によってはタイヤの持ち込みや店舗で購入したものを交換するようアドバイスを受けることがあります。

パンク修理

尖ったものを踏んだ時にパンクすることがありますが、劣化が原因だとタイヤの交換が必要になります。すでにネットで購入済みの場合は持ち込みOKの場所で取り付けができます。

チェックに引っかかった

明らかに劣化していて危ない状態だとほとんどの店舗が交換を促します。店舗で購入しても良いですが近年はネット通販でも手軽に購入できるので持ち込みが可能な店舗ではお客さんが事前に用意したタイヤを取り付けています。

こんなタイヤが持ち込まれています

no.1

オールシーズン使える

一年中使えるものは冬のタイヤ交換が不要になるので雪国でも重宝されています。またノーマルタイヤよりも凸凹に深さがあるので雪の上でも滑らずに走行できます。

no.2

スタッドレスタイヤ

凍結した道を夏用のタイヤで走行すれば滑り止め機能が備わっていないので当然滑ります。対してスタッドレスタイヤに使われるタイヤは低温でも硬くなりにくいゴムを使用するので雪道や凍結した道も安心して走行することができます。

no.3

エコタイヤ

CO2削減と環境保護に大抜擢されているエコタイヤは低燃費な走りが実現できるとして人気に火がつきました。ただまだ開発途中なので普及が著しいとはいえず商品の数も少ない状況です。

no.4

運転が楽ちん

最も力を入れているミニバンのタイヤはカーブの時のふらつきやタイヤがすり減りやすい等の欠点をカバーしてくれます。疲れにくく、安全性に優れていることから交換したいタイヤとしてとても人気があります。

no.5

安いタイヤ

店舗で直接購入するより安いのでネット通販で購入したものを持ち込み、交換をするという流れが一般化しています。一万円から二万円が料金の最低ラインなのでお金がない時に助かります。